口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

おもちゃを買取に出すときは電池を抜くべき?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/19

おもちゃを買取に出す際に気をつけなければならないのは、おもちゃの動力源に電池が使用されている場合です。取り外さずに入れたままの状態にして売却することができるのか、取り外してから売却したほうが良いのか、判断が非常に難しいところですが、ここではこうした場合の電池の扱いについて詳しく紹介します。

電池が入っているタイプのおもちゃの買取

電池を動力源にしているおもちゃを買取に出す場合に注意しなければいけないのは電池の取り扱いです。本体から取り外してから売却したほうが良いのか、取り外さないでも売却できるのか、わかりにくい部分もありますが、結論から言えば、お店によって対応がそれぞれ異なっています。どちらの方法でも売却をすることができるお店もあれば、抜き取った状態でのみ売却ができるようなお店もあります。

入ったままの状態でのみ売却ができる場合は、おもちゃが正確に動作するかどうか確認のためでもあります。抜いた状態のままだと、正常に動作するものなのかどうかわからないので、入ったままの状態でないと査定を受けることができません。

このような方法で査定をおこなっているお店では、お店のホームページなどで、あらかじめ入れたままの状態にしておくことを説明している場合もあるので、売却する前にはとりあえず、そのお店のホームページを確認しておくことが必要です。

おもちゃの中に入っているのが特殊なタイプのものである場合には、他のものを入れて動作を確認することができなくなることから、必ず中に入れたままの状態にしておく必要があります。一般で販売されているものを使用できるタイプのおもちゃは、取り外した状態のままでも、他のものを入れて動作を確認できるので、取り外した状態のままで売却できる場合があります。

問題になるのが、おもちゃの内部に入っているものが外からは取り出すことができないタイプのものです。このような状態のものは分解をして無理に出す必要はなく、そのままの状態で売却することができます。

入っている場所がどこにあるのかわからない場合には、商品を購入したときに付属していたマニュアルを確認することで、入っている場所を把握できます。わかりにくい場所に入れられている場合もあるので、おもちゃを購入した場合にはマニュアルを捨てずに保管しておけば、売却の際にも役立ちます。

宅配でおもちゃの買取を依頼する場合

おもちゃを専門店に売却する場合には、お店によって買取の方法が異なっています。店頭におもちゃを持ち込んで売却ができるタイプのお店のほかに、売りたいものを宅配便で送ることによって売却できるタイプのお店もあります。

こうしたタイプのお店は、自宅の近所におもちゃを売却できるお店がない人でも利用しやすいサービスですが、売りたいものをダンボールなどにつめて、お店まで配送する必要があります。この際にも問題になるのが、電池を動力源にして動くタイプのおもちゃです。

入れたままの状態にして配送したほうが良いのか、抜き取った状態で配送したほうが良いのかわかりにくいですが、こちらの場合もお店によってそれぞれ対応が異なっています。抜き取った状態のままで送ることを要求するお店もありますが、これは配送をするうえでも中に入っているかどうかで扱いが大きく異なるからです。

基本的に電池が入ったものは航空便で運搬することが制限されるので、陸送で運搬されることになります。そのために、中に入っていることが明らかになった場合には、陸送の方法で運搬されます。

エックス線を使用した検査で、中に入っていることが確かめられる場合もあるので、安全に輸送したい場合には、しっかりと外したことを確認してから送るのが最適な方法です。中に入っていることを、ダンボールの外側などに記載する方法もあり、運搬を担当している人にもわかりやすくなります。

取り外した状態のままでも宅配ができるおもちゃは、他のものを中に入れて動作が確認できる場合が多く、入れたままにしておかなくても、正常に動作するかどうかお店で確認してもらえます。外部から取り外すことができないようなタイプのおもちゃの場合には、そのまま配送することができます。

古いタイプのおもちゃの中には、入れておく場所のふたが壊れて、中から取り出せないような状態になっている場合もありますが、こうしたものは本体を壊して無理に取り出そうとするよりも、お店の人にあらかじめ確認をすることで、そのままの状態で出すことができます。

電池を入れたままの状態で買取を依頼する場合

宅配でおもちゃの買取をしてもらう場合には、お店によって、電池を入れたままでもおもちゃを発送できる場合があります。ですがその場合には飛行機で輸送ができなくなるので、陸送でお店の住所まで配送されるため、その分時間がかかることがあります。

入れたまま配送する必要があるお店の場合には、正常に動作するかどうかをしっかりと確認したいために、入れたままの状態にすることを求めていることもありますが、動作が正しくおこなわれるかどうかは売却価格にも大きく影響します。外見に傷のないきれいなおもちゃであっても、正常に動作しないものは買取価格が大きく下がる場合もあるので、正常に動くものであるかどうかを、お店に配送する前に自分でも確認しておいたほうが最適です。

入れた状態のままでも正常に動作しないものならば、壊れている場合があるので、売却しても正規の売却価格で査定されないことがあります。それでもおもちゃによっては、正常に動作しなくても高額で売却できるようなものもあるので、動かないものでも高い価値を持っているものもあります。

おもちゃの中には中に電池を入れただけでは動作をせずに、オンオフのスイッチを入れることで正常に動作するタイプのものもあります。こうしたタイプのおもちゃの場合には、正常に動作しないので故障していると思っても、実はスイッチが入っていなかっただけの場合もあるため、慎重に確認が必要です。

 

おもちゃを買取に出す場合には、お店によっては、電池を抜いた状態にして査定をしてもらう必要があります。宅配でおもちゃを売却する場合などには、抜き取った状態で送ることを求められる場合もあり、取り外した状態にしてからお店に送ることになります。

中に入ったままの状態だと飛行機で輸送することができなくなる場合があるので、車を使用して陸送でお店に配送されます。これは安全を考慮した処置ですが、取り外すことを求められている場合には、必ず指示に従って、おもちゃを送る必要があります。

お店によっては中に電池を入れた状態のままで、配送するように要求される場合もありますが、これは正常な状態で動作できるかどうかを確認するためです。外見に傷がなくても正常に動作ができないものは価格が大きく下がる場合もあるので、売却する前には念のために確認しておいたほうが安心です。お店に持ち込む場合にも、お店ごとに決められたルールがあります。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム