口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

おもちゃを手入れするときにおすすめのグッズ

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/14

おもちゃを手入れすることはとても大切ですが、方法を間違うと余計に傷をつけてしまう可能性がありますから注意が必要です。手入れの方法などはネットで検索したりすると、手入れグッズ等が丁寧に記載されていることがほとんどです。

ここでは手入れの際のおすすめグッズについて紹介していきます。

直射日光を避けることが大切

最近おもちゃブームが来ており、昔ながらの懐かしいおもちゃから現代特有の新しい斬新なデザインの商品まで幅広く展開されています。おもちゃを購入後は、やはりきっちりとお手入れする必要があるかもしれません。購入後なにもケアせずに放置すると、劣化することもあり、お手入れグッズ等の知識は練習しながら身に着けていくことがほとんどになります。

玩具の管理についてのポイントは、まずは直射日光を避けるという点にあります。直射日光が当たりすぎると表面が変色してしまうことがありますが、日陰で湿度の低い環境だと、長持ちする事例が多く報告されています。

また、直射日光ケアとしては、フィギュアなどにUVケア成分入りのスプレーを噴射しておく場合もあります。UVケア用のスプレーは、フィギュア専門店などに販売されていますが、ネットでも購入できます。また、日焼け対策としては、紫外線カットをしてくれる専門のケースが販売されていますが、見た目は普通のプラスチック製の透明な箱に見えるため、飾っておく際にとても美しく便利です。

日ごろから保管場所は注意が必須

さらにドール等をケアする場合は、基本的に顔の部分はあまり触らないほうが良いかもしれません。軽く埃を払う程度にしていたほうが、かえって長持ちする場合もあります。

また、除光液など、汚れを強力に落としてくれるイメージの強い薬剤で顔の部分などをふくと、表面が大きく劣化してしまうこともありますから注意が必要です。フィギュアなど専門の洗浄液も販売されていますから、フィギュア専門の薬剤を使用するほうが安全です。

また、玩具をお湯で洗う際は、低温で洗わないと、あまりに高温で洗ってしまうと、プラスチックやビニール製の玩具の場合は変形してしまう場合があります。

小さな筆で優しく埃を払うと安全

玩具を洗う石鹸は特に指定はありませんが、強い刺激を与えないことと、後は温度を低温に保つことが大切になります。熱すぎる部屋に放置することは論外ですが、意外と寒すぎる部屋もよくありませんし、玩具の場合もあくまでも人が暮らしやすい温度に設定してくことが大切になります。

また、ドールの場合は防腐剤や防臭剤とともにケースに入れておくと劣化しにくく便利です。外に出して放置しておくよりも、ケースに入れて保管していたほうがニオイ等もうつりにくく便利ですし、特にタバコを吸う人などの場合は、フィギュアに匂いがつきやすい為、注意が必要で、後に売買の取引をする際に喫煙しているか記載している人もいるほどです。

勿論、動物を飼育している場合も販売する人はペットを飼っていたことを記載して取引する人もいますが、防虫剤や防臭剤とともに箱に保管しておくと、意外とスムーズに取引を完了させることも可能です。

また、ドールなどをケアする際は、手でほこりを払うのではなく、筆などで柔らかく払うと、大切なおもちゃが傷つきにくく便利です。直接手を触れてしまうと意外と汚れや指紋がつきやすく劣化の原因となる場合も多いですから、玩具を扱う際は、手袋か柔らかい布などでそっと持つようにすると便利です。

小さな子供がおままごとなどで遊ぶおもちゃは、子供の口に入っても安全な石鹸等でしっかりと消毒洗浄して使用するとなにかと安心です。小さな子供は玩具を口に含んだり噛んだりすることも多く、あまり刺激の強い洗剤や研磨剤で洗うと子供にもおもちゃにも良くありません。

大人になってから購入するおもちゃの場合は芸術的な商品も多いですから、劣化したからといって色を塗りなおしてしまったりしないほうが良い事例もあります。後に販売する予定などがない場合は、上から色を塗ったりして手入れするのもとても楽しいですから、時と場合に合わせてケアしてくと良いかもしれません。

また、お手入れとして上から色を塗ると意外と後々上塗りした絵の具の部分から剥げてしまう事例もありますから、基本的にはふき取る等にとどめておいたほうが良い場合もあります。そして、部分的に関節が壊れてしまった場合などは、メーカーに問い合わせると部品だけ販売されている商品もありますから、どんどんケアしてみるほうが良いかもしれません。

パーツごとに交換しながら丁寧に手入れしていると、とても長く美しい状態が保持できとても寿命が長くなる事例も少なくありません。高価な玩具を購入するときは、パーツごとの取り換えが可能な商品を選択しておくのも賢明な方法として有名です。

そして、フィギュアの場合は、傷のつきにくい布でふく場合は、眼鏡ふきを使用してケアしてみるのも良いです。眼鏡ふきはとても繊細にできているうえ、傷がつきにくいため、細かな細工が施してあるフィギュア等の手入れに最適です。

細かな細工の部分は、小筆でほこりを払うと綺麗になりやすく便利です。綿棒などでほこりをとっても良いですが、あまり力が入ると細かい細工が折れてしまう場合もありますから、基本的には筆が最適かもしれません。

格安で安全性の高い収納ボックスを手に入れたい場合は100円均一のお店でもとても良い商品がそろっていますから便利です。保存用の箱も均等に同じデザインでそろえると均一性が生まれ、美しく保存することも可能で、ケアする際や整理整頓する際も手間がかからず便利です。

保存用の箱はできれば紫外線防止用の透明な箱が良いですが、ない場合は本体に布をかけて遊ぶとき以外は箱の中に保存してくという手法をとっている人も意外と多いです。フィギュア等をケアする際は、色うつり防止の薄い洋服などを着せておくと、ケアする際に手間が省けて便利です。後から色うつりを取り去ることは意外と大変ですから、事前に色うつり防止対策をしていたほうが良いです。

 

玩具をケアする場合は、直射日光を避け温度の高すぎない部屋や箱に保存することが大切です。

玩具専用の洗浄液も販売されていますから、できればおもちゃ専用の洗剤を使用するほうが安心してケアすることができます。勿論洗う場合も、あまり高温にするのではなく、人肌ぐらいで速やかなに洗浄することが大切ですが、乾かす場合もしっかりと乾かし、隙間に水分が残らないようにすることが大切です。

隙間に水分が残るとカビや劣化の原因となる場合もありますから注意が必要ですが、ドライヤーで乾かす場合も決して高温にならないように注意することが大切です。あまり高温にすると変形してしまう場合もありますし、一度変形してしまうと元に戻すことが困難な場合もありますから特に注意してケアすることが必須となります。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム