口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

おもちゃの買取は店舗によって金額が変わることはある?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

いらなくなったおもちゃをできるだけ高く売れるようにしたいけれどどうしたら良いかわからないという人もいるでしょう。たくさんの業者があるので持っていった店舗によって金額が変わるのではないかと考える人もいるかもしれません。価格はどの業者で売るかによって大きく変わることがあるのでしょうか。

店舗によって金額が変わるのは一般的

おもちゃの買取価格はどの店舗でも同じということはなく、どこに相談するかによって金額が変わるのが一般的です。中古品市場では販売価格も自由に設定できるようになっているので、高く売れるはずだから高めの価格で買い取ろうとする業者もあれば、きっと高くは売れないから安い価格で買い取らざるを得ないと考える業者もあります。業者によってはガイドラインを定めていて、同じ業者の店舗であればどこでも同じ価格が付くこともないわけではありません。

しかし、通常は同じ業者が経営しているところであったとしてもそれぞれ少しずつ違う価格を提示することが多くなっています。これは査定にはある程度の主観が入ってしまうのが主な原因です。どのくらいの価格で買い取るかのガイドラインができていたとしても、基本的には良品や美品と呼ばれる新品に近い状態の場合の価格が決まっているだけの場合が多くなっています。

傷がついていたり、部品が不足していたり、箱がなかったりした場合には減額をしていき、最終的にどのくらいの価格にするかを決めるのが普通です。箱がない、説明書がないなどといったように一律で減額できるものであれば特に査定する人による違いが生じませんが、傷の程度を例えば1から5で評価するようになっているとすると、ある人の場合には3、別の人の場合には4となる場合もあるでしょう。それによって少しずつ査定結果に違いが出てきてしまい、提示される金額が変わることがあるのです。

また、店舗ごとに裁量を与えている業者もあり、その場合にはかなり金額に開きが生じる場合もあります。業者が違えばガイドラインも異なるので当然ながら結果も大きく変わる可能性があります。減額査定の基準も業者ごとに異なるものを作っているので、ある業者では大幅な減額になってしまったものも、別の業者ではあまり減額されずに済むこともないわけではありません。

業者によってマージンをどのくらいに設定するかも違うのも金額が変わる大きな要因です。30%くらいはマージンを取るのが一般的ですが、20%くらいにして売り先としての魅力を高めたり、40%くらいのマージンを確保する代わりに付帯サービスをたくさん提供したりする業者もあります。業者の買取事例について研究してみるとどんな方針かを見極めることが可能です。

大きな差がないことが多い理由とは

業者や店舗によって買取価格に違いが生じるのは確かですが、結局比較してみても金額に大きな差がなかったという状況になる場合が多いのも事実です。2000円で買い取ると言われたものが、別のところでは2万円になるといった大きな変化があることはほとんどありません。1800円や2500円といった程度の差が生じる程度で、極端な場合にはどこで査定を受けても2000円となってしまいます。

このような結果になるのは相場が概ね決まっていて、業界内でほぼ認識が一致してしまっているからです。このおもちゃはこのくらいの価格で買い取って、このくらいの価格で売るのが合理的というのが業界で知られていると、それよりも高く買い取ったり、高く売ったりすることはあまりないのは容易に想像できるでしょう。

逆に安く買い取ろうとすると他の業者に売られてしまうので、相場より価格を下げて買い取る場合もほとんどありません。若干だけ高く買い取るようにして宣伝広告を出し、他の業者よりも自社を選んでもらおうというマーケティングをする場合もあります。それでも相場の二倍の金額になるようなことはないので、あまり大きな差が生じることはないのです。

高く売るために知っておきたいこと

どの店舗で買い取ってもらってもそんなに価格に差がないのならどこで売っても構わないだろうと考えるかもしれません。確かに大きな違いはない場合がほとんどですが、選び方次第で少しとはいえ高く売れる可能性があるのも事実です。どうせ売るなら高く売りたいと考えるのももっともなことなので、前向きに業者間で価格比較をしてみるのも良い考え方でしょう。

業者に査定を依頼して見積もりを出してもらうといくらで売れるのかがわかります。査定の受け方には店頭査定・出張査定・宅配査定の三種類があり、どのやり方でも査定の手数料は無料というのが業界標準です。ただ、それぞれにメリットもデメリットもあるので上手に価格比較をするために詳細を知っておきましょう。

店頭査定は店頭に持ち込むだけですぐにその場で査定をして見積もりを出してもらえるのがメリットです。しかし、店舗が近くにないと行くのが大変になり、交通費の負担も大きくなってしまうデメリットもあります。また、売りたいおもちゃの数が多いと運ぶのが大変で、店頭で査定をしてもらうのにも長い時間がかかるのも問題点です。

出張査定は自宅に来てもらえるので手間があまりかからないのがメリットです。多くの業者に連絡して同じような時間に皆に来てもらえるようにすれば自宅に拘束される時間も少なくて済みます。ただ、出張査定は自宅に業者が来ることになるので売るのを強いられてしまうリスクがあるのがデメリットです。売るものがたくさんあったり、高額なものが含まれていたりしないと対応してくれない業者も多いのも注意しなければならない点でしょう。

宅配買取は宅配便で売りたいものを送るだけで良いので簡単な方法なのがメリットです。ただし、査定結果を見て売りたくないと思ったものは送り返してもらわなければなりません。そのための送料を負担しなければならないことから、見積もりを取る目的には向いていない方法です。

このような違いを考えると店頭査定と出張査定を適宜組み合わせて見積もりを取って比較するのが合理的な方法だとわかります。価格を比較した後で交渉をしてみるとさらに高く売れる可能性もあります。他社でもう少し高く買い取ってくれるところがあるとわかると、少し安い価格を出している業者に交渉してみる勇気も出やすくなるでしょう。

相場から考えるとこのくらいの金額だと思うけれど、こんなに安いのはなぜかと聞いてみると、減額になった理由を説明するか、指摘に応じて価格を引き上げてくれる可能性があります。このようなちょっとした努力を最後にやってみるだけで高く売れることがあるのは念頭に置いておくと良いポイントです。

 

おもちゃの買取価格は見積もりを依頼する店舗によって違うのが一般的ですが、大きな価格差が生まれることはあまりありません。相場が決まっているのでそこから大きく逸脱した価格をつけることは合理的ではないからです。マーケティングのために買取価格を上げるケースもあることは念頭に置いておいても良いでしょう。

高く買い取ってもらえるようにするにはそのようなチャンスを狙う以外にも、見積もりを取って比較する方法があります。店頭査定と出張査定を適切に組み合わせて利用し、わずかな差であっても少しでも高く売れる業者を選び出しましょう。最後に交渉もしてみるとさらに高く売れる可能性があることも覚えておくと役に立ちます。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム