口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

おもちゃに傷がついたときの修復方法

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/14

美しい造形物のおもちゃなどは、長く所持している人がほとんどで、大切に扱われることが多いですが、どうしても無傷で何十年も大切に飾っておくことは難しい場合が多いです。修理をプロに依頼する方法もありますが、自分で修理することも不可能ではありません。

大切な記念品の保存は直射日光を避けるほうが良い

多くの人々はおもちゃなどの作品に気持ちやこだわりこもっていて、長期間にわたって完璧な状態で所持したい場合が多いです。子供が消費物的に遊ぶ玩具などは、どんどん使って人生の記憶として蓄積されると良いですが、大人になってから購入する商品の場合は、消費する商品というより、芸術作品や宝物に近い感覚があります。

長期間保持していると、どうしても細かい傷が目立ってきたり、関節などが折れてしまったり、大きく破損してしまう場合もあります。玩具を修理する場合は、ときと場合や目的によって的確に選択して修理したほうが賢明です。一つの正しい方法が存在しているというというよりも、千差万別というイメージのほうが正しいかもしれません。

子供のおもちゃが破損した場合は、清潔感が保てていればさほど細かなことを気にすることなく、失敗を恐れずどんどん修理修繕を進めていけばよいですが、大人になってから購入した作品は、基本的にはあまり大掛かりな改善をしないほうが賢明です。

子供のおもちゃは買い直しもしやすい値段が多いですし、修理するよりも買い直すほうが良い場合もありますが、大切な記念品の場合は、上手に修理することは大切です。ぬいぐるみなどの場合は、縫い直しをすれば綺麗に修理できることがほとんどですが、中の綿を変更する場合は、ぬいぐるみのイメージや固さを充分確認してから綿を詰めなおしたほうが、元のイメージを壊さずに済みやすく便利です。

ぬいぐるみは綿の量が大切で、綿の量によってイメージが随分変化することもありえますから注意が必要です。事前に修理前の画像を写真に撮ってから修理するほうが安全性は高くなります。画像を取る際は、正面だけではなく、縦横斜めなど各方向から撮影しておくとイメージが後につかみやすく失敗も大変少なくなります。

塗り直しの際は特に技術が必須で練習を重ねたほうが良い

まずは傷がついたり、表面が汚れてしまい塗装しなおしたい場合の方法ですが、修理のために塗装を施す場合は、一度おもちゃの表面をヤスリ等で削り、後に塗料が剥げ落ちないようにしてから塗りなおすという手法があります。何もせず上から絵の具等を塗っても良いですが、後に大きくはがれてきて、もとの地肌が大きく見えてくる場合もありますから注意が必要です。あまり傷が目立たないうちは、やはり塗り直しは避けたほうが良いです。

さらに塗装する際は、大きな固い筆で塗装するのではなく、塗り残しや塗ったとのラインが入らないように、専用の絵の具スプレーで吹きかけて塗装する手法もあります。筆でも塗ったときのラインが全く見えないような感じで仕上げることも不可能ではないですが、高い技術や経験がいることもあります。

また、塗料は油絵の具や油性のものだと定着しやすく仕上がりに高級感が出てきます。勿論塗装の際は、もともとの色と似た色を選択して塗りなおすことが大切ですが、大きくカラーを変える場合は、修理というよりむしろ新しい商品を作りなおすという感覚になるかもしれません。基本的に後に販売したい場合などは、色を大きく変えたり、大幅な変更をしないように心がけ、自然のままの状態を保つほうが良いです。

また、子供のころから修理する技術を練習していると、ものを大切にする心も育ちやすく、人間としての豊かな情緒も獲得しやすくなります。手先が器用になる可能性も高い上、上手な修理の方法も無限大に覚えていく可能性も否定できません。そして、基本的には子供玩具の修理は、安全性を考慮した材料と手法を選択していくことがとても大切になっています。

パーツごとに買い替えができるときは安心感も違ってくる

また、おもちゃの関節の部分が折れてしまったり破損した場合は、メーカーに問い合わせると関節だけなどの一部分のみ販売している所もあります。また、商品の種類によっては、カスタムを楽しむためのものもありますから、部品を気軽に取り換えて、修理する手法も便利です。

そして、部品や関節を取り外して付け替える際は、外す関節の部分をドライヤー等で温めると取り外ししやすくなります。常温で取り外しをおこなうよりも部品などが柔らかくなり、スムーズにパーツ交換が可能になります。

また、強い力が入る場合や、変更をおこなう場合は、破損しないように十分に気を付けて扱い、できれば手袋を着用して作業すると便利です。日ごろから強い力で触ったり、素手で強くもったりしないように注意しておくと何かと傷もつきにくく安心ですが、日光による日焼けも注意しておいたほうが賢明です。

日焼けによる劣化は意外と見落とされがちで、すぐに変化もわからず色の変わり方も大きく変わらないとわからない場合も多いですし、後で洋服などの部分を外してみて大きな色の違いが発生していたという事例も意外とおいですから注意する必要があります。

説明書があれば組み立て方法もよくわかりますから、説明書をよく読み、あまり間違った方向に関節を曲げてしまったりしないように注意することが大切です。また、後に販売するときなどは、事前に修理したことを伝える人も多いですが、取引をする場合は、カスタム等の具合もチェックされますから、目的にあったお店にもっていくことが大切です。

日焼けによる劣化や経年変化によるべたつきなどは、おもちゃ専門の洗浄液や除光液が販売されていますから、きっちりと選択して使用していくことが大切です。また、パーツ交換の際、ほかのメーカーの商品と組わせてはアレンジしてしまった場合は、著作権の問題も出てきますから、後に販売するのではなくあくまで自分の家で楽しむという目的に変更したほうが良いです。

メーカーを同一にして同じ部品で修理した場合は、著作権を気にしたりする心配はぐっと少なくなりますから、修理する際は同じ会社の部品を買って付け足すことが大切です。

そして、あまりに大きな修理やカスタムをおこなった場合は、リペイント作品専門の業者に依頼して買取りをおこなってもらうなどになる可能性も否定できません。がしかし著作権の事例を考慮すると販売はやはり避けたほうが賢明です。

 

おもちゃなどを修理するときは、基本的には素材を十分に生かして、あまり元の状態を変化させすぎないように注意することが重要です。特に色の塗り直しなどは、ある程度の経験と技術が必要になってきますから、塗装専門の所に依頼するか、自分で何度も練習してから進めるほうが安全です。

また、部品ごとに購入できるおもちゃなどは、あまり気を使わずどんどん部品を交換しても大丈夫な場合が多いです。ぬいぐるみのケアなど場合はやはり専門家に依頼するほうが何かと良いですが、特にぬいぐるみの修理が得意な会社があり、メディア等でも話題になっていて、SNSやテレビ等でもかなり紹介されていますから、大切な記念のぬいぐるみやおもちゃは、任せてみると良いかも知れません。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム