口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

買取できないおもちゃはどんなもの?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/02/06

使わなくなったおもちゃの中には、売ることができるものもあるため、状態が良いうちにリサイクル業者に依頼をして、査定を進めていくことも大切です。故障しているものや傷や汚れが目立つものの場合、売ること自体が難しく、リサイクル業者に引き取ってもらえないこともあります。

売るのが難しい不用品もある点に注目

買取できるおもちゃとできないものとの違いは、リサイクルショップが販売をして、利益を出すことができるかであり、今の時代は幅広くリサイクルをすることができます。電気で動くタイプのものやゼンマイ式など、部品が壊れており、直すのが難しいものは売ることができないケースが多いです。

しかし、ちょっとした故障であれば、不用品回収に対応してくれるリサイクル業者もあり、修理をすることによって、リサイクルが可能です。古いものでも問題なく遊べるものであれば、幅広く査定を進めることができ、たくさんの不用品を回収することができるリサイクル業者もあります。

まとめて不用品を売ることができるようにしたい方は、海外にもネットワークを持つリサイクル業者を見つけることによって、幅広く売ることができるチャンスがあります。日本製のものは海外でも人気が高く、品質の良さに注目する方はたくさんいますし、古いものも長持ちします。

こどもが遊ぶものに関しては、特に安全にこだわって、商品情報を集めていきたい方も多くいるため、安全に関する情報をチェックする方は多いです。海外にもネットワークを持っているリサイクル業者なら、海外での販売も視野に入れて、たくさんのものを仕入れて、売ることができます。

また、査定スタッフと交渉を進めていくことも重要であり、お店側がどうしても欲しいと感じるものがある場合、交渉をじっくりと進めていくことにより、高く売れるチャンスがあります。また、他の不用品もまとめて回収してもらいたいときに、あまり値段が付かないものでも、セットにしてセット価格で売ることができるケースもあり、お得です。

交渉を上手に進めていくことができるように、複数のリサイクル業者の情報をチェックしながら、査定金額の比較を進めていくことも大事なポイントです。複数社の情報をチェックすることにより、違いを知ることができるため、最も高いリサイクル業者を見つけて、売りに出すことができます。

お店の公式ホームページをチェックすることで、買取対象アイテムの情報も掲載されており、幅広く査定を進めてくれる業者を見つけられます。比較サイトでも、それぞれのリサイクル業者の特徴をわかりやすくまとめてくれているため、基礎知識を身につけてから申し込めるようにすることも大事です。

人気がないものも売るのが難しくなる

状態が良いおもちゃでも、人気がないものの場合、リサイクルショップが引き取っても、販売するのが難しくなります。引き取ってもらうこと自体ができないものもあり、売れないものを在庫として抱えていることもコストになる点に注目です。

お店側もコストを抑えることを真剣に考えるため、人気のないものは引き取らないようにしているところも多く、売ることは難しくなります。また、同じものをいくつも引き取っていると、お店にとっては、これ以上必要ないので、査定金額が大きく下がってしまう可能性があります。また、過去に引き取って、まったく売れなかったものなど、今までのデータをチェックしながら、引き取るのを断る可能性もあることに注目です。

リサイクルショップで回収してもらうのが難しい不用品は、ネットのフリマで売るなど、新しいチャレンジをする方もいます。ネットのフリマなら、多くの方が商品情報をチェックしているため、マニアックなものでも欲しい人がいると、購入してくれる場合があります。

しかし、注意点として、自分では状態が良いと思っていても、故障しており、故障しているものを相手に送ってしまうなど、トラブルが発生することも考えられます。トラブルが起こってしまうと、対応に時間もかかってしまうため、故障しているなどの理由で、リサイクルショップで買取が難しいとわかったときに、処分をすることも1つの選択肢です。

傷だらけになっていたり、汚れが目立つものだと、状態が悪いと判断されて、査定金額が大きく下がったり、引き取ってもらえない場合もあります。将来、使わなくなったときに売ることを考えているおもちゃは、できるだけ状態の良さを維持できるように大切に使ったり、汚れもきれいに拭き取ることをおすすめします。

査定をする前に、汚れをきれいに拭き取っていると、状態の良さを査定スタッフにうまく伝えていくことができるようになるため、安心感を持てます。また、商品を購入したときに、箱や説明書などの付属品をきちんと保管しておき、売るときに、付属品も一緒に査定してもらうと、査定金額アップにつながります。

古いおもちゃの中には、貴重なもので高く売れるものもあり、付属品もきちんとそろっていることで、大きく値段が上がる可能性もあります。

査定方法と売れなかったものの扱い

おもちゃの買取に対応するお店はたくさんあり、持ち込み査定以外にも、出張査定に対応するお店もあれば、宅配査定サービスもあります。査定の方法を選ぶことができるので、不用品の量が多いときは、出張査定でまとめてスタッフに不用品を回収してもらうなど、柔軟に対応してもらえることも重要です。

お店に持ち込み査定をする場合、売れなかったものがあれば持ち帰る流れになることが多いため、売ることができるものかを事前に確認してから持っていくことも必要になります。高く売ることができるものは、スタッフと直接交渉をすることができる持ち込み査定のメリットは大きいので、相談しやすいスタッフを見つけることも大事です。

買取だけではなく、有料の不用品処分や無料回収に対応するリサイクル業者もあるため、値段が付かなかったものを回収してもらえる可能性があります。柔軟に対応してくれるリサイクル業者を見つけることで、いくつか値段が付くものがあったときに、値段が付かなかったものを無料で回収してもらえる場合もあり、手間なく不用品を片付けられます。売れなかったものがいらない場合、素直にスタッフに引き取ってもらうことができないかを尋ねてみることで、スタッフに対応してもらえる可能性があります。

宅配査定の場合、事前に確認をしながら、売ることができるもののみを査定できるようにすることも大事なポイントです。荷物を受け取るリサイクル業者の場合、買い取れないから引き取って欲しいと言われても、コストがかかる場合があり、なかなか受け取れない状況にあります。

この場合、業者から宅配便で返送される流れとなることが多く、着払いで送られてくるため、送料を負担する必要があり、ルールを守ったサービス利用が重要です。

 

動かないおもちゃは、売りたくても売れないケースが多いため、売る前に大切に保管して、壊れないように注意することも大切です。また、状態が良いものでも人気がないものは、リサイクル業者が引き取っても売れないため、査定の対象外となることがあります。

お店によって引き取れるものに違いがあるため、幅広く査定をおこなうことができるリサイクル業者を見つけられるように情報を集めることも必要になります。海外にもネットワークがあるリサイクル業者もあり、品質の高い日本のおもちゃは中古も人気が高く、売ることができるものはたくさんあります。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム