口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

未成年でもおもちゃの買取は依頼できる?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/02/06

未成年でも買取を依頼することはできるのでしょうか。業者に査定を受けてから買取の手続きをするのが一般的なので、この流れの中で未成年か成人かどうかが問題になるタイミングがどこなのかを理解しておきましょう。

未成年でも査定を依頼することは可能

おもちゃの買取を業者に依頼するときには、まず連絡を取って査定を受けるのが基本です。やり方によって流れには少し違いはありますが、まず売りたいものについての情報を伝えてどのくらいで売れるのかを大雑把に教えてもらうことが多いでしょう。

電話やメールで簡単に聞ける簡易査定と呼ばれる手続きは年齢を問わずにおこなうことが可能です。特に年齢を聞かれることもないので、売りたいと思っているものがどのくらいのお金になるのかを概ね把握することは誰でもできます。

この簡易査定の結果は必ずしも業者が実際に買い取る金額と同じではありません。基本的には新品同様の状態のものだった場合にいくらで買い取れるかを説明してもらえるサービスなので、現物を見てもらうともう少し価格は下がってしまうのが一般的です。

実際に現物を見てもらって価格を算定してもらうのを本査定と言いますが、本査定についても成人でなかったとしても依頼することができる場合が多くなっています。ただ、査定の受け方によっては断られてしまうこともあるので注意しましょう。

店頭に売りたいものを持って行って査定してもらう店頭査定のやり方では大抵は査定結果を教えてくれます。しかし、自宅まで来てもらえる出張査定や、宅配便で送って査定をしてもらう宅配査定の場合には成人か未成年かを確認され、成人でないと対応しないと言われてしまうこともあるのです。これは業者が大きなコストをかけないと出張査定や宅配査定をおこなえないからです。

実は未成年の場合には売買の取引をするための条件を満たしていない可能性があるため、断られてしまうケースが多くなっています。ただ、出張査定や宅配査定を申し込む時点できちんと取引条件を満たしていることを示せれば問題はありません。

取引をするために必要な条件とは

売買取引をするためには成人でない場合には制約があるので注意しましょう。原則として品物の売却をするときには成人になっていなければならないと法律によって定められているからです。成人にならないと正しい判断ができないと見なされているのが理由です。

まだ成熟した考え方を持っていないので誤った判断によって必要なものを売ってしまう可能性があることや、業者によって弱みを握られてしまうなどして脅迫を受けて大事なものを売らざるを得ない状況に陥ることもあることが懸念されています。

また、お小遣いが足りないから何とかしてお金を手に入れたいと考え、家にあるものを勝手に持ち出して売ってしまうというリスクがあるのも確かでしょう。そのため、正しい判断力があると法的に見なしてもらえる条件として成人になることが求められています。

ただ、未成年であっても条件を満たせばおもちゃを買い取ってもらうことが可能です。成人になっていない場合には親が保護者として監督することが求められているため、親が承諾すれば売ることができる仕組みになっています。より正確に言えば親でなくとも親権者を持っている人か、成年後見人になっている人であれば大丈夫です。このような人に同意書を書いて署名捺印してもらうことにより成人でなくとも買取の依頼をすることができます。

成人の場合には身分証明書を提示してコピーを取ってもらうことが必要というのが原則ですが、親権者の同意書を提出するときにも身分証明書を求められることがあるので注意しましょう。取引をする本人の身分証明書だけでなく、親権者の身分証明書を提示するように求められることもあるため、店頭で買い取ってもらう場合には一緒に行くのが賢明です。

自宅まで出張してもらうときには自分も親も家にいるときに来てもらうようにスケジュールを整えるようにしましょう。宅配便を使用する場合には業者に問い合わせて必要書類が何かを明確にし、売りたいものと一緒に親の身分証明書のコピーも必要なら同梱するのが大切です。

どの書類がどのタイミングで必要になるかは取引の仕方や業者の判断次第の部分もあるので、最初に業者にいつ何が必要になるかを説明してもらっておくと良いでしょう。身分証明書の提示が必要になることから、成人になっていない人が嘘をついておもちゃを買い取ってもらおうとしても提示を求められた段階でバレてしまうことになります。

査定を受けることはできても最終的に取引をすることはできないというのは押さえておかなければならない点です。本当に取引をする段階までは年齢を聞かれないこともよくあるので念頭に置いておきましょう。

親や他の人に売ってもらうのは問題ない

未成年の人が自分のおもちゃを自由に買い取ってもらうことはできないのは確かですが、他の人が業者に依頼して買い取ってもらうことはできるのでしょうか。

典型的な例として、親が子供に買い与えたおもちゃがもう年齢に合わなくなってしまったいらなくなったから売ってしまいたいというケースです。あるいは子供が自分のお小遣いで買ったフィギュアやプラモデルなどがいらなくなってしまったけれど自分では売れないから兄や姉、従兄弟などに売ってもらいたいといったパターンも考えられるでしょう。

結論から言えば、どちらの場合にも買い取ってもらうことが可能です。土地や建物などの不動産と違っておもちゃは誰が所有しているものかが明確に管理されているわけではないので、近しい人に渡して売ってもらうのは自由にできます。

売った人が成人としてきちんと責任を持って取引をするという形になっているため、業者としても相手が成人であれば安心して取引ができるのです。もし親が実は子供が自分で買ったおもちゃが気に入らないという理由で勝手に売ったというようなことがあったとしても、業者は特に咎めを受けることはありません。あくまで親子の間で起こったトラブルとして親子間で協議してもらうことができます。

親の持っている大切なおもちゃを子供がこっそり持ち出し、従兄弟に頼んで売ってもらったという場合も責任を負うのは従兄弟であって業者ではありません。そのため、取引自体はできるものの、きちんと当事者間で納得できるように話をしておかないと大きなトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

 

成人でなくともおもちゃの買取査定を受けることはできる場合が多いものの、取引については法律によって原則として成人でなければできないことになっています。未成年は正しい判断ができないと捉えられているからであり、保護者である親権者の同意書があって初めて買取を依頼できるようになります。

親権者の同意書を手に入れる代わりに、未成年の人が親やすでに成年になっている兄弟、従兄弟などに頼んで業者に売ってもらうこともできます。ただ、当事者間できちんと相談しておかないとトラブルの原因になる可能性もあるので注意しましょう。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム